車にはさまざまな種類があります。用途によりご自身の好きな車を購入すればよろしいです。基本的にはボディタイプや排気量などで判断するのですが、装備品などをしっかり確認することも必要です。同じ車でもグレードがあり装備品などは全く異なるのです。エンジンの排気量などが異なる場合が典型的な例ですし、装備品に安全性能を持たせているようなグレードの車はとても高いです。そしてグレードの高い車を選択しますとその後の維持費も高くなります。法定により定期的な車検を受けなくてはなりませんが、豪華な装備品が装着されている車は車検の内容も細かくなり部品交換などをしなければならなくなるので必然的に多額の車検費用がかかってしまうのです。意外と費用がかかり重要な役割を果たすのがタイヤです。タイヤはサイズによって価格が全く異なります。頻繁に車に乗る人は走行距離に応じて定期的にタイヤを交換しなければなりません。小型のセダンタイプや軽自動車の場合には特別に大きなタイヤではないのでそれほど金銭的な負担は大きくないのですが、SUVの場合にはタイヤサイズがとても大きく特殊なタイプもありますのでタイヤ交換をするだけで10万円以上の費用がかかることもあります。また冬にはスタッドレスタイヤなどに切り替える必要もあります。