タイヤに関する基礎知識として覚えておきたいのが空気圧についてです。空気圧は指定値を維持する事が理想的です。
では空気圧が指定値になっていない場合の弊害についてですが、空気が不足状態ですと燃費の悪化を招きます。空気が少ない状態ですと路面とゴムの接地面積が大きくなりますので、消耗が早くなってしまうのです。さらには偏摩耗を引き起こす原因にもなります。空気が入っていない状態ですとゴムの形が変形し易くなり、片減りなどを起こす原因になるのです。
反対に空気がパンパンの状態ですとブレーキの利きが悪くなります。空気が入り過ぎの状態はゴムが路面に接地している面積が小さくなりますので、必然的にブレーキの利きが落ちてしまうのです。その他にも乗り心地の悪化の原因にもなります。過剰に空気が入っていると弾力性が強くなりますので、例えば段差を通った時にも跳ね易くなってしまいます。
両者に共通するマイナス要素として、ハンドリングに影響を与えます。空気が入っていない状態でも入り過ぎている状態でもハンドリングが悪くなりますので、運転のし難さに繋がってしまう事があるのです。
空気圧が指定値では無いだけで色々なデメリットが生まれますので、日頃からチェックする事が大切です。