交換時期の見極めと手順

| タイヤ |

タイヤの使用限度は法律で溝の深さが1.6mmまでと決められています。タイヤは使用すれば必ず交換時期が来ます。
ユーザーが、タイヤがまだ使えるかどうかを確認する簡単な方法があります。
その手順は、タイヤの側面には三角マークが数ヶ所表示されています。このマークが付いている部分の先にあるタイヤの溝を確認します。この部分は溝が一部浅くなっておりスリップサインといいます。
もし、溝がすり減ってスリップサインが出ていたら、そのタイヤは使用限度になっているため交換が必要です。
しかし、スリップサインが出ていないから安全かといういうと一概に判断できません。一般道しか走らない車と高速道路を多用する車ではタイヤに要求される性能が違うためです。
雨で濡れた路面でタイヤが滑るようでしたら交換することをお勧めします。溝が浅くなりタイヤと路面の間の雨を十分に排出できないため滑っているのです。とっさのときに車を制御できず事故を起こす可能性があります。

スタッドレスタイヤの場合は、新品から5年間位までの使用が目処でしょう。スタッドレスタイヤは溝の深さもさることながら、ゴムの柔らかさが重要です。新品のタイヤと古いタイヤを触ってみるとゴムの柔らかさは一目瞭然です。
もし、溝があるのに捨てるのは勿体ないのなら、春先に夏タイヤに交換せずスタッドレスタイヤを使用し続ける方法もあります。
しかし、スタッドレスタイヤは夏タイヤに比べると走行性能は低いので安全を考えると勿体ないも考えものです。