自動車のドレスアップで人気がある項目が、純正のホイールから社外のホイールに交換して、インチアップをして、タイヤの扁平率を下げる事が上げられます。
しかし、このサイズ変更には注意点が何個かあり、十分に吟味してサイズを決定しないと最悪、走行が出来ないばかりか事故につながることもあるので注意が必要です。
まずはじめに、インチアップすると言うことはホイールの金属部分が多くなりタイヤの扁平率が下がります。
金属部分が多くなると言うことは、重量が増します。
自動車はバネ下重量と言って、サスペンションより下の部品の重さが変わると、自動車の性能にかなり影響を与えます。
非力の自動車に、重たいホイールを履かせると燃費悪化や走行性能の悪化につながります。
また、自動車のスピードメーターは純正サイズの外径タイヤの時の速度表示に設定されていますので、純正サイズよりかけ離れた、外径になるサイズを選び装着すると速度計に誤差が生じます。
大幅な速度表示の誤差は保安基準から外れ、違法改造車になるばかりではなく実際の速度表示ではないので危険が生じます。
また、ホイールのインチアップをしタイヤの扁平率が下がると、ゴムの部分が少なくなるので乗り心地が悪化します。