» タイヤのブログ記事

自動車のパーツの中でも特に重要な要素を持っているものに、タイヤが用意されています。タイヤに関しては、小まめにチェックすることが必要とされている項目があって、例えば溝に関することがあります。いわゆるスリップサインが出てしまっている状態であれば、早期に新しいタイヤに交換することが必要とされており、車検などを通す際にも交換しなければ車検を通過できない場合も見られます。また、空気圧に関する内容もあります。空気は自然に減少してしまうことになるために、定期的に点検を行うことが推奨されています。また、劣化を遅らせるための手入れ方法というものも用意されています。例えば溝に砂利などが挟まっている状態ならば、マイナスドライバーなどでタイヤに傷付けないように取り除くことも良い方法になります。さらに、駐車場に関する内容もあります。あまりに角のある砂利などを敷き詰めている駐車場の場合では、タイヤを傷めてしまうこともあるために、できるだけタイヤに配慮した方法での駐車場作りを行うことが必要です。アスファルトやコンクリートなどを敷き詰める方法もおすすめになりますが、タイヤに負担をかけない方法で保管を行うことは基本的なこととして大切になります。

交換時期の見極めと手順

| タイヤ |

タイヤの使用限度は法律で溝の深さが1.6mmまでと決められています。タイヤは使用すれば必ず交換時期が来ます。
ユーザーが、タイヤがまだ使えるかどうかを確認する簡単な方法があります。
その手順は、タイヤの側面には三角マークが数ヶ所表示されています。このマークが付いている部分の先にあるタイヤの溝を確認します。この部分は溝が一部浅くなっておりスリップサインといいます。
もし、溝がすり減ってスリップサインが出ていたら、そのタイヤは使用限度になっているため交換が必要です。
しかし、スリップサインが出ていないから安全かといういうと一概に判断できません。一般道しか走らない車と高速道路を多用する車ではタイヤに要求される性能が違うためです。
雨で濡れた路面でタイヤが滑るようでしたら交換することをお勧めします。溝が浅くなりタイヤと路面の間の雨を十分に排出できないため滑っているのです。とっさのときに車を制御できず事故を起こす可能性があります。

スタッドレスタイヤの場合は、新品から5年間位までの使用が目処でしょう。スタッドレスタイヤは溝の深さもさることながら、ゴムの柔らかさが重要です。新品のタイヤと古いタイヤを触ってみるとゴムの柔らかさは一目瞭然です。
もし、溝があるのに捨てるのは勿体ないのなら、春先に夏タイヤに交換せずスタッドレスタイヤを使用し続ける方法もあります。
しかし、スタッドレスタイヤは夏タイヤに比べると走行性能は低いので安全を考えると勿体ないも考えものです。

 

タイヤは車の重さを支えていて、路面と接する唯一の部品ですから大変に重要なパーツです。普通乗用車の場合は、タイヤの設置面積はハガキ1枚分ですから、ハガキ4枚分で車の重量を支え走行させていることになります。またブレーキやカーブや加速の際に、地面にしっかり密着して走行をします。充実したカーライフには定期点検が欠かせません。摩耗したり劣化したキズやヒビのあるタイヤでは非常に危険です。定期的なタイヤ点検は安全で快適な走行ができるだけでなく、タイヤの寿命を長持ちさせることにも繋がりますので、キチンとメンテナンスをすることが必要です。
タイヤで一番気を付けたいのが、溝の残り具合とゴムの劣化です。走行距離が少なく溝が減っていなくても、劣化したタイヤはもろくなっていますので交換をします。スリップサインと言われる溝が1.6mmになった時には、警告の目印が出ますから分かりやすいです。特にFF車の前輪内側は減りやすいので注意しましょう。タイヤは装着位置によっても摩耗の度合いが異なりますから、ローテーションさせると摩耗の進度を遅らせ、寿命を延ばすことができます。一般には5000km走行が目安と言われています。定期的な点検により、タイヤの異常を事前に察知することが肝心です。

安全な取り付け方法

| タイヤ |

タイヤ交換を自ら行う場合、安全な作業を心掛ける事が大切です。
作業を行う際の注意点ですが、鉄則として平な場所で作業をする事です。交換作業をする際にはジャッキで車体を上げる事になりますが、その際に斜めの場所ですとジャッキが外れてしまう危険性があります。もしジャッキが外れでもしたら事故に繋がる恐れもありますので、必ず平な場所で行うように意識すると良いでしょう。
平な場所に停めたらジャッキアップしますが、その際には輪留めをしておく事も忘れてはいけません。輪留めをしておかないと不意に車が動いてしまう可能性があります。輪留めをする位置ですが、対角線上にあるタイヤに行います。例えば右前輪のタイヤ交換の際には左後輪に輪留めを行います。
因みにジャッキアップする前にある程度ナットを緩めておく事が大切です。上げてからですとナットを緩め難くなりますので注意が必要です。
ジャッキアップを行いタイヤを外したら別のタイヤに交換し、ある程度締め付けてからジャッキから下ろします。その段階では仮締め状態ですので本締めをする事になりますが、その際には対角線上にナットを締めていきます。時計周りや反時計周りに締め付けてしまうと均一に締められなくなりますので、順番も意識して締める事が大切です。

近年、異常気象の影響もあり、1年を通して比較的暖かい地域でも、冬場は雪が降ることが多くなってきました。
雪の多い山などの近くで暮らしている方にとっては当たり前のことですが、雪があまり降らない地域にお住いの方には、もしかしたらなじみがないかもしれない冬タイヤ。
普通の一般的なタイヤと比べると、ギザギザした溝がたくさん入ったもので、雪道を走行するためには必要不可欠のタイヤです。
季節的に、都会から車でウィンタースポーツをするために出かけたり、旅行に行かれる方も多いと思いますが、
そのような時、チェーンを用意していかれる方が多いですよね。
もちろんそれは正しいですが、特に山や積雪の多い場所を走行するので、なるべくなら専用タイヤに履き替えたほうが、運転者も同乗者も安心することが出来ます。
せっかくの楽しい旅行が、事故に巻き込まれたりしたら嫌な思い出となってしまいます。
行先の天候や道の状態などを事前によく調べることも、とても大切な計画の一つです。
専用タイヤは、カーショップやガソリンスタンド、いつもお世話になる整備工場などに問い合わせてみると良いでしょう。
ご自分で替えられるのがベストですが、安全走行のために専門家にお願いするのも良いと思います。

自動車のドレスアップで人気がある項目が、純正のホイールから社外のホイールに交換して、インチアップをして、タイヤの扁平率を下げる事が上げられます。
しかし、このサイズ変更には注意点が何個かあり、十分に吟味してサイズを決定しないと最悪、走行が出来ないばかりか事故につながることもあるので注意が必要です。
まずはじめに、インチアップすると言うことはホイールの金属部分が多くなりタイヤの扁平率が下がります。
金属部分が多くなると言うことは、重量が増します。
自動車はバネ下重量と言って、サスペンションより下の部品の重さが変わると、自動車の性能にかなり影響を与えます。
非力の自動車に、重たいホイールを履かせると燃費悪化や走行性能の悪化につながります。
また、自動車のスピードメーターは純正サイズの外径タイヤの時の速度表示に設定されていますので、純正サイズよりかけ離れた、外径になるサイズを選び装着すると速度計に誤差が生じます。
大幅な速度表示の誤差は保安基準から外れ、違法改造車になるばかりではなく実際の速度表示ではないので危険が生じます。
また、ホイールのインチアップをしタイヤの扁平率が下がると、ゴムの部分が少なくなるので乗り心地が悪化します。

タイヤにはいろいろなサイズがあります。
その表示には決まりがあります。
例えば、205/50R15という表示があったとします、これは最初の数字205がタイヤの幅を表しています。
その次の50という数字は、タイヤの幅に対してタイヤの厚みを表したタイヤ扁平率です。
最後の15という数字は、タイヤの直径をインチで表示しています。
もし、タイヤを交換する際には今ついている純正タイヤを見て表記を確認する必要があります。
大きさが違うタイヤを購入すると、車検に通らないだけでなく、タイヤフェンダーに干渉したり走行に影響が出て大変危険な場合があります。
また、最近流行りのインチアップについても必ず純正タイヤの外径とほぼ変わりないものを購入しなくてはなりません。
これは、普通にはけても外径が変わることによりスピードメーターに誤差が現れてくるからです。
この誤差は法律で上下何%まで許容と決まっており、その中に収める必要がありますので、タイヤ選びのプロに相談することをお勧めします。
タイヤは幅を太くすれば走行安定性は上がりますが、転がり抵抗が大きくなり燃費が悪くなるのと、接地面が大きいのでどうしてもロードノイズが大きくなってきます。

車にはさまざまな種類があります。用途によりご自身の好きな車を購入すればよろしいです。基本的にはボディタイプや排気量などで判断するのですが、装備品などをしっかり確認することも必要です。同じ車でもグレードがあり装備品などは全く異なるのです。エンジンの排気量などが異なる場合が典型的な例ですし、装備品に安全性能を持たせているようなグレードの車はとても高いです。そしてグレードの高い車を選択しますとその後の維持費も高くなります。法定により定期的な車検を受けなくてはなりませんが、豪華な装備品が装着されている車は車検の内容も細かくなり部品交換などをしなければならなくなるので必然的に多額の車検費用がかかってしまうのです。意外と費用がかかり重要な役割を果たすのがタイヤです。タイヤはサイズによって価格が全く異なります。頻繁に車に乗る人は走行距離に応じて定期的にタイヤを交換しなければなりません。小型のセダンタイプや軽自動車の場合には特別に大きなタイヤではないのでそれほど金銭的な負担は大きくないのですが、SUVの場合にはタイヤサイズがとても大きく特殊なタイプもありますのでタイヤ交換をするだけで10万円以上の費用がかかることもあります。また冬にはスタッドレスタイヤなどに切り替える必要もあります。

タイヤに関する基礎知識として覚えておきたいのが空気圧についてです。空気圧は指定値を維持する事が理想的です。
では空気圧が指定値になっていない場合の弊害についてですが、空気が不足状態ですと燃費の悪化を招きます。空気が少ない状態ですと路面とゴムの接地面積が大きくなりますので、消耗が早くなってしまうのです。さらには偏摩耗を引き起こす原因にもなります。空気が入っていない状態ですとゴムの形が変形し易くなり、片減りなどを起こす原因になるのです。
反対に空気がパンパンの状態ですとブレーキの利きが悪くなります。空気が入り過ぎの状態はゴムが路面に接地している面積が小さくなりますので、必然的にブレーキの利きが落ちてしまうのです。その他にも乗り心地の悪化の原因にもなります。過剰に空気が入っていると弾力性が強くなりますので、例えば段差を通った時にも跳ね易くなってしまいます。
両者に共通するマイナス要素として、ハンドリングに影響を与えます。空気が入っていない状態でも入り過ぎている状態でもハンドリングが悪くなりますので、運転のし難さに繋がってしまう事があるのです。
空気圧が指定値では無いだけで色々なデメリットが生まれますので、日頃からチェックする事が大切です。